お知らせ

「高原列車は行く」沼尻軽便鉄道写真展~猪苗代町を軽便とたどる旅~開催中!

「高原列車は行く」沼尻軽便鉄道写真展
~猪苗代町を軽便とたどる旅~

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」のモデルとなった福島県福島市出身の作曲家、古関裕而が作曲し、同じく小野町出身の作詞家、丘灯至夫が作詞した「高原列車は行く」は、かつて猪苗代町を走っていた沼尻軽便鉄道がモデルになっています。
歌詞のインスピレーションの元となった沼尻軽便鉄道を中心に、鉄道と共に発展した猪苗代町と人々の暮らし、時の町の景色、鉄道と町の歴史を辿る写真などを町内施設3会場にて展示しています。
ぜひご覧ください!

開催期間:2020年8月1日(土)~9月30日(水)
主催:猪苗代町商工観光課 0242-62-2117
協力:沼尻鉱山と軽便鉄道を語り継ぐ会

【沼尻軽便鉄道写真展会場】
①道の駅猪苗代 9:30~16:00(期間中無休)
②猪苗代まちのえき まるしめ 9:30~16:30(木曜日休館)
③猪苗代町体験交流館学びいな2階 9:30~16:30(休館日8/11,8/24,9/14,9/28)
※展示会場ごとに開催時間、休館日が異なりますのでご注意ください

【同時開催 沼尻軽便スタンプラリー】
各会場に設置されたスタンプをすべて集めた方全員に沼尻軽便鉄道のペーパークラフト(2種類)をプレゼントします!
プレゼントの配布場所は「①道の駅猪苗代 観光案内所(9:30~16:00)」となります。

各会場に沼尻軽便モジュールのスタンプを設置してあります。全会場を回ると車両が連結できるよ。
【設置場所】
①道の駅猪苗代:客車2種
②猪苗代まちのえき まるしめ:貸車
③猪苗代町体験交流館学びいな2階:先頭のディーゼル車

「高原列車は行く」沼尻軽便鉄道写真展チラシ

関連記事