野口英世のふるさと

野口英世は明治9(1876)年11月9日、猪苗代町(当時は三ツ和村)三城で農家の長男として生まれ、清作と名付けられました。
火傷で左手が不自由となり家業である農業はできないため、家は貧しかったのですが小学校や高等小学校を出て、さらに医師になるための勉強をしました。
英世にとって故郷は、生涯にわたり忘れられないところでした。
町内には英世ゆかりの地が多く残されています。

左の写真はアメリカ人ルーミスが英世の恩師小林先生に贈ったもので、清作が通っていた当時のものです。
世界に飛び立つ前、清作は猪苗代で素養と知識を育みました。

ノーベル賞候補までなって世界の医学者となった英世は、大正4年(1915)両親や恩師、友人らの待つ故郷の土を踏みました。
猪苗代での日々は懐かしい少年時代に返りました。

野口英世のあゆみ
西暦 年齢
1876 0 福島県猪苗代町の農家に生まれる。(初めの名、清作)
1878 2 4月末、いろりに落ち左手に大火傷を負う。
1883 7 三ツ和小学校(現翁島小学校)に入学。
1888 12 生長(先生の代わりに教える)になる。(磐梯山大噴火)
1892 16 会津若松の会陽医院長渡部鼎により左手の手術を受ける。
1893 17 会陽医院に薬局生として入門。医学・英・仏語を学ぶ。
1895 19 4月7日、日本基督教若松教会で洗礼を受ける。
1896 20 9月上京。10月医術開業前期試験合格。11月、血脇守之助先生の厚意で、高山歯科医学院学僕となる。
1897 21 10月医術開業後期試験に合格し、医師の資格を取る。
高山歯科医学院の講師となる。順天堂医院に勤務。
1898 22 伝染病研究所助手となる。帰省中に英世と改名。
1899 23 フレスキナー博士の通訳として東京を案内。横浜海港検疫所に検疫医官補として勤務。
1900 24 横浜より渡米。
1901 25 ペンシルベニア大学フレスキナー博士の助手となる。
1904 28 ロックフェラー医学研究所の一等助手となる。
1907 31 ペンシルベニア大学よりマスター・オブ・サイエンスの名誉学位を受ける。ロックフェラー医学研究所準正員。
1911 35 京都帝国大学より医学博士の学位を授与される。梅毒スピロヘータの純粋培養に成功。メリー・ダージスと結婚。
1913 37 麻痺狂及び脊髄癆患者の脳中にスピロヘータ・パリーダを検出発見。欧州各国の講演旅行に出発。
1914 38 スウェーデンより勲三等を授与。東京帝国大学より理学博士の学位を授与。ロックフェラー医学研究所正員。
1915 39 日本の帝国学士院より恩賜賞を授けられる。
9月5日、15年ぶりに帰国、各地で歓迎会が開催される。
1918 42 エクアドルで黄熱病原体を発見、多大な賛辞を受ける。
11月10日、母シカ死去(66歳)
1923 47 帝国学士院会員となる。
1925 49 正五位に叙せられる。
1926 50 オロヤ病原体を発表。
1927 51 トラコーマ病原体を発表。10月アフリカへ黄熱病研究のため出張。
1928 51 5月21日西アフリカ・アクラで黄熱病の研究中に感染し殉職。(ニューヨークのウッドローン墓地に埋葬)
関連PDF
下記にて野口英世関連のデジタルパンフレットをご覧頂けます。
野口英世博士ゆかりの地4つのエピソード
野口英世博士思い出の地案内(地図)