白津のからかさ松

<町指定天然記念物>
完全なからかさの形をしたすばらしい松で、八手山城主三浦経連の重臣の邸内にあった木といわれています。
根元には三宝荒神を祀った石祠があります。
樹高23m、胸高幹周3.8m、枝下高6m、枝張径26m、樹齢推定450年という巨木です。
この周辺一帯は縄文土器の散布地で、猪苗代地方でも1、2に属する縄文時代中期から後期にかけての大きな遺跡(白津遺跡)です。
福島県緑の文化財に登録されています。