大鹿桜

<町指定天然記念物>
会津の五桜のひとつであるこの大鹿桜は菊咲きのサトザクラで、磐椅神社の本社手前の左側にあります。
開花の時は白色だが暫時鹿の色に変わることからこの名が付けられたといわれています。
村上天皇の天暦年中(947~957)勅使参拝した折に京都より移植されたという老古木ですが、今も5月上旬になると満開となり、美しい姿が楽しめます。