見祢の大石

<国指定天然記念物>
磐梯山が大噴火した明治21(1888)年火口の中にあった輝石安山岩の巨塊が、爆発火口から噴き出した火山性泥流に乗ってここまで運ばれたものです。
この石の大きさは長さ8.2m、高さ3mあまりの巨大なものです。
山上からは直線距離にして5kmはあり、火山性泥流が予想外の遠距離までこれほどの大石を運ぶという事実を示す、学術的にも貴重なものとされています。