麓山神社左右大臣

<町指定文化財>

この二体の石像は向かって右が左大臣菅原道真公、左が右大臣藤原時平公で、江戸中期の石像です。当地方において石造による左右大臣は珍しく、保科正之公が信州高遠より会津に移封した際石工を伴って来たことを証明するものであり、歴史的にも貴重なものです。また、願主や施主の名から猪苗代地方の麓山信仰の深さを物語るものでもあります。

住所 耶麻郡猪苗代町大字壺楊地内