田中正玄の墓

田中正玄は保科正之公の重臣であり、会津藩の家老を34年間、猪苗代城代を5年間務め藩の基礎を固めた人です。

慶長18(1613)年6月17日佐渡に生まれ、6歳で信州高遠で正之公に仕えた後、累進して家老となりました。

正之公が江戸で4代将軍家綱の補佐にあたられたので、その留守の間会津藩の執政を預かって大きな功績を挙げました。

寛文12(1672)年5月28日に病で没した時には正之公はじめ城下の諸氏庶民は親を失った如く嘆き悲しんだといいます。

住所 福島県耶麻郡猪苗代町字見袮山