楊枝一里塚

<町指定史跡>

一里塚とは街道で一里ごとに道の両側に土を盛り、榎などを植えて距離を示す目印とした塚のことで、江戸幕府によって全国に設置されました。楊枝一里塚は若松札ノ辻を起点として八番目で会津領と二本松領の境にあたり旧二本松街道にあります。この街道は楊枝峠を越えて中山・横川・苗代田・二本松・本宮に出る街道です。現在道の両側に一対で完全な形態を残すのはここと御上覧場一里塚だけどなっていて、陸上交通史上貴重な史跡的価値の高いものです。

住所 耶麻郡猪苗代町大字壺楊字楊枝地内