旧山内家住宅

<町指定重要文化財>

十二間の桁に梁ゆき五間余り、会津藩制時代の農家住宅としては村役人層の住宅で、当時の農家機能や形態を知る上で重要な建物です。祝儀帳によると、文化8(1811)年11月の建築で約180年前の建築で直屋・寄棟造・茅葺の構造になっています。昭和47(1972)年砂川の山内一乃家より寄贈を受け、同48(1973)年現在地に移築復元しました。積雪等の適応を考慮して完全な原形復元はしていません。

住所 耶麻郡猪苗代町字古城跡7150-2